admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイホームのことを語りだしたら、
このブログに「マイホーム」っていう記事のカテゴリーを作っちゃうくらい、
いくらでも語れます。

でも聞いてる人はつまらないと思うのでやめます。笑
こうやってちょこちょこ書くくらいにとどめましょう。


うちのマイホーム計画の中で問題点としてあがるのは、
まずはやっぱりお金。

新車を購入しようと、毎月せっせと貯金をしておりますが、
それも微々たる物。。
始めは「一括で買うんだ!」と意気込んでおりましたが、
何年かかるか分からないので、一括払いは半ば諦めモードです。

こどもは3人は欲しいので、今の軽じゃ席が足りなくなる、と思ったのですが、
こどもって小さいうちは3人で大人2人としてカウントされるよね。
それを思うとしばらくは軽でもやっていけるのです。
まーベビーシートってけっこう幅取るので、それをのっけてあと二人子ども座れるか謎ですが。
まぁ3人目が生まれる頃には、琉生が一人で座れるであろう。
危険だけど助手席に座ってもらって、あたしが後部座席で一人抱っこすればいい話だ。
とにかくプレオのぷーちゃんにはつぶれるまで頑張ってもらいます!!

というわけで車のために貯めていたお金はマイホームの頭金にすることにしました。笑
今のところ頭金って言えるほど貯まってないけど。


あと、お金のことですごく助かるなと思っているのは、土地があることです。
お母さんが主人のために用意してくれた土地があるんです。
まーこれ主人から聞いた話で、
お母さんから、本当にいただけるのかとかいついただけるかとかをはっきり聞いたわけじゃないので
ぬか喜びになる可能性もありますが。。

今は畑になっているところで、道路を挟んで二つあります。
どちらも角地で日当たり良好です!
主人の実家のすぐそこなので、マイホーム計画を思い立ってからは、
その畑の前を通っては、にやにやしてすっかり自分のものにした気でいます。笑
ひとつひとつの土地があまり広くないので、片方は家庭菜園&駐車場にしたいなと思ってます。

ていうかまだ自分の土地じゃないのに考えすぎですよね。笑
まーそんなことはいいんです。妄想するのはタダですから。


あー本当にとまらない。

家は、狭いほうがいいなと思ってます。
大きい家も憧れるけど、大きい家を建てるなら、家の3倍はある庭が欲しいです。
玄関までのアプローチが長くて、途中に車を止めて、家族が出迎えに庭に出てくる、
みたいなのが憧れです。
ちょっとアメリカンなイメージで。
まーこんなの無理なので、家は小さくていいんです。
土地が狭いのに一生懸命大きい家を建てるって言うのは自分的にナンセンス。
バランスが大事だと思うのです。
土地が狭いのにやたら頑張って圧迫感のある総二階を建てるとかも自分的にナンセンス。
家は小ぢんまりでいいんです。
よく隣の家との間隔が人が通れないくらいギリギリの家とかを見ますが、
あれも自分的にナンセンスです。
見た目も残念な感じだし、住むことを考えるとけっこうイヤ。。

あーどんどん私のワガママなマイホーム条件になってきました。。


一番のうちの悩みは、主人の仕事です。
事務所が今の家のすぐそばにあるため、
もし豊田の土地を本当にもらえてそこにマイホームを建てるなら、
主人が通勤に片道1時間くらいかかるようになります。
今は片道徒歩10分。。
今が近くて恵まれすぎているのは分かりますが、
新入社員である彼にはこの条件でやっと仕事をしているっていう感じだと思うのです。
それが片道1時間になったら。。

と、思うとしばらくはマイホームは無理なのかな、と思ってしまうのです。
せっかく縁のあった会社だし辞めてほしくない。
今頑張ってるんだから続けて欲しいのです。

最近休日はいつも主人とこの話をしていますが、
お互い「マイホームを建てたい」「豊田に住みたい」という意見は一致しているのですが、
結論を出すことが出来ません。
やっぱりまだ早いのでしょうか。。

でももし仕事を辞めることなどになったら…
はっきり申し上げて、再就職は仙台でしていただきたい!笑
あんなにあたしが押していた仙台での就職を、
まるではじめからこんな話なかったかのように流されたのですから。。


さて、どうなるのやら我が家のマイホーム計画。
ローンが早く終わるように、できるだけ早く計画を形にしたいなーと思ってます。

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 diary, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。